FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惑わす光 -後編-



【二次現創作SS】【バイト妃原作寄り】【黎翔×夕鈴】

-*-*-*-*-*


僕がその小屋の見える場所まで辿り着いたのは、日も暮れかかる頃だった。
小屋の中に囚われていた夕鈴を見つけた浩大と合流し、中の様子を覗くとそれは夕鈴の髪が賊に切られたまさにその瞬間で何も考えずに小屋に一人で踏み込んだ。


その後、賊は・・・ 夕鈴の居ない所で処分した。


途中合流した浩大にその場を任せ夕鈴の元に行く。そこには遅れて到着した兵がいて、兵とは言え夕鈴の側に他の男がいる。それだけで僕の中が黒くなっていく。

深呼吸をしてその感情をなんとか押さえつけ、声を掛けると夕鈴が恐る恐るこちらを向いた。
脅えてはいるものの澄んだ瞳に見つめられてしまい、血で染まった僕が夕鈴に触れてもいいのか迷ってしまう。
けれど夕鈴が、そして僕も少し震えていたからそれらを止めさせる目的でそっと抱きしめると兵は音も無く何処かへ下がっていった。

「ごめん、守れなくてごめん」
「そんな事言わないで下さい。私は大丈夫ですから」

どうして攫われたのに、危ない目にあった原因は僕なのに怒ってくれない?
今にも泣き出しそうな夕鈴の声を聞いてしまうと自然と抱きしめる腕に力が入る。
賊に切られてしまった髪は長さは何時もと違うけれど夕日に照らされる髪は何時もどおりの輝きを放っていて、それを見てしまうとやるせない気持ちがこみ上げてきた。
出来るだけ優しく夕鈴の頭を撫でていると夕鈴から声が聞こえてきた。

「あの、あの、髪はまた直ぐに伸びますからっ!」
さっきも聞いたその言葉と今にも泣き出しそうな声が僕の心に突き刺さってくる。

「どこが大丈夫なの? そんな泣きそうな声で。大丈夫だなんて――思えない」
少し怒ったような僕の声が合図だったのか今まで気丈に振舞っていた夕鈴からやっと涙が零れ落ちてきた。それを見て夕鈴を再度抱きしめ、用意されていた馬車で王宮に向けて出発する。
静かに涙を流し、僕にしがみ付きながら体を震わせている夕鈴を落ち着かせようとなるべくゆっくりとした手付きで頭を撫でる。


――もう大丈夫だから。

でも今は泣きたいだけ泣いて。ずっと傍にいるから。

君にこんな怖い思いはもうさせない。約束。

君の全てが愛しい


頬や手に、額や髪に軽い口付けを送りながら零れ落ちる涙を拭き、思う事を言葉にしてみるけれど、それらは慰めにすらならないのは分かっている。
やがて腕の中で泣きつかれてしまったのか、緊張から開放されて安心したのか眠ってしまった夕鈴になるべく馬車の振動が伝わらないように抱きしめていると馬車は何時の間にか王宮に到着していた。

それから後宮の立ち入り禁止区域で老師に不自然な長さになってしまった夕鈴の髪を揃えさせる
腰まであったはずの髪は肩甲骨のあたりまでの長さになってしまった。
夕鈴を湯に入れてから二人きりで夕餉を摂るとお茶を飲みながら抱きしめてる。
するとようやく夕鈴の震えが止まった。
それを確認すると寝台に寝かせ眠りに落ちるまで手を握る。
「僕はずっと君の傍に居るよ。安心して眠って――?」

そう言ったけれど一番安心できないのはこの僕自身だった。寝台に広く広がるはずの髪が何時もより少なく、今日の事は夢ではない事を実感した。

それから数日間は出来る限り夕鈴と一緒の時間を過ごした。
日中は天気が良いからなど何かと理由をつけ外に連れ出し、庭の花や新しい簪を夕鈴の髪に挿しながら僕自身が出せる精一杯の笑顔を送った。
夜は夕鈴が眠りに落ちるまで頭を撫でながら手を握り、眠ったのを確認すると自室には戻らずに僕は近くにある長椅子で眠る
部屋に一人でいると不安がり、外へは僕と一緒ではないと出ないと報告がきていたけれど時間の経過とともに自分から庭の散策に出かけるようになり何時もの笑顔が戻ってきたとの報告がくる。
それならばと久しぶりに政務室に来るように伝えた日、政務室に顔を出した夕鈴の髪は纏め上げられその髪には僕が先日送った簪が輝いていた。
優雅に笑う夕鈴の偽りの笑顔を見たくなくて早々に仕事を切り上げ庭に連れ出す

「ねえ夕鈴? そんな姿で誰を惑わしに来たの?」
「そ、そんな陛下を惑わすだなんて!」
僕の膝の上にいる時にしかしないその表情は、本来の夕鈴の表情でほっとした。
無言で夕鈴を飾る簪を取ると纏められていた髪が夕鈴の背中に落ちる
「もう・・・せっかく侍女さんが結って下さいましたのに」
解かれた髪をそっと押さえながら頬を膨らませる夕鈴の髪は太陽の光で輝き、その光は僕の心を惑わせる。
何時ものように毛先を指でくるくると回して遊びながら思いを伝えてみた。

「もう君はずっと後宮にいて?」
「はい・・・」

その是の言葉をどう捉えて返事をしたのかは分からないけれど、君は言ったよね「はい」って。
僕の胸にしなだれかかっていた夕鈴の顎を掴み、少し強引に上を向けさせて唇を奪うと予想通りの抗議の言葉が出てくるけれどそれは僕の耳には届かない
もう二度と僕の傍から逃げられないように、連れ去られないようにするから髪が元通りの長さになってもずっと傍にいてほしいと思いを込めてまた口付けを送った。

-*-*-*-*-*


スポンサーサイト
Secret

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。